Uncategorized

広告代理店と印刷会社

多くの大企業には、規模は違えども広告代理店が入っています。
クライアント企業は、各部門が事業計画に則りそれぞれの活動を行っていきますが、それに伴い付随する作業が出てきます。
総務や経理では、各種帳票から名刺、レターヘッド、会社案内、封筒などが必要になるかもしれません。

広報ではコーポレートロゴの制作からホームページや広告、営業では、展示会の企画設営、商品のパンフレッ卜、はたまたポスターや販促物の制作もあります。
窓口や予算の出所は違っていても、広告代理庖には企画段階からの参画と提案が求められます。
制作部門を抱える広告代理屈には、プランナ・クリ工イティブ・アートディレクターの下、コピーライタやデザイナーもいます。
種々の印刷物も、多くは完パケデータで印刷会社に発注されます。

しかしながら、印刷会社や制作会社が直接入っている場合も、中小企業や店舗には多く見られます。
印刷会社にも広告代理店的な役目の上流の仕事が求められるため、印刷技術的な設備や人材とは別に、よりクリエイティブな部門の拡充が行われています。
企業は、安価でクオリティの高いものを求める反面、口座窓口も増やしたくありません。
したがって、印刷会社は企業が求めていることに応えられるようなクリエイティブで独創的な体制を整えていかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です