Uncategorized

グーテンベルクの発明

1445年頃に、ドイツのヨハネス ・ グーテンベルクが鉛を主成分とした金属合金鋳造活字技術を発明してから、鋳造活字による活版印刷が盛んに行われるようにな りました。

グーテンベルクは鉛合金の活字のほか、黄銅製の母型 や、 1410年頃にフランス国内で既に実用化されてい た印刷用のインキ、また、広い面積に平均して圧力を加える工夫として葡萄やオリーブ油を絞るプレス機を応用した機械などを用いて、従来より早く、正確に、鮮明 に仕上がる印刷技術を発明しました。これが機械による 印刷時代の幕開けとされています。 グーテンベルクは仲間と 一緒にこの技術を用いて、「四二行聖書」などを刊行していますが、 15世紀末までに
刊行された本のことを、 インキユナブラと呼ばれていま す。
インキユナブラとは、ラテン語で「ゆりかご」を意味し ていました。「物の発達のはじめ」という意昧で、15世 紀の印刷術を表現しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です