Uncategorized

孔版印刷(スクリーン印刷)

版にインキを着けるのではなく、版自体に穴をあけ、上からインクを通すことで紙に転写する方法です。古くはガリ版、いまは家庭周年賀状ミニ印刷機やスクリーン 印刷などがこの原理を応用しています。

スクリーン印刷は、版材として絹糸や化学繊維で織ら れた紗やステンレス製のスクリーンメッシュを、ステンレス枠にきつく張ったものを使います。そのスクリーン枠に感光剤を塗布して、文字や絵を焼き付けることで版ができ上がります。

印刷は手刷りか半自動式の印刷機を使って行いますが、インキの乾燥が遅いので多色刷りや大量の印刷には時間がかります。
しかし、平面だけでなく、容器のような曲面にも、また紙以外の各種素材(布、ガラス、金属、ビニール 等)にも印 刷できることが大きな特徴になっていて、計器の目盛類やプ リント回路、厚膜IC、液晶ディスプレイなどにもスクリーン印刷の技術が利用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です