Uncategorized

自分の手で売ることの重要性

先にも述べたとおり、本屋さんの店頭に並べてもらうだけでは本は売れないと言っても過言ではありません。人気作家の本ですら、ただ並べただけで売れるという事はまず考えられないほどでしょう。つまり、全く知名度もない著者の本など相手にされるはずもないという事は想像していただけるでしょう。つまり、自身の手で「売る」こと以外に確実な販売は存在しないと言えるでしょう。そして、そういった努力をしている著書の本は、なぜか他の媒体でも売れ始めたりするようです。書いて終わりではなく、次は営業として自身が本を売り込んでいくことが望ましいでしょう。また、書店などに置いてもらう際には、諸経費も発生する上、手元に入ってくる金額は一般的に定価の半分以下とされているのに対し、自身で販売した際には、その倍以上の回収額になるとされています。しかし、出版社との契約の際に気をつけておかなければ、出版社から著者に渡される本はわずかしかなく、著者自身も出版社から購入しなければならないといった事例にもなりかねないと言える場合があるようです。そのような事態を招かないためにも、本の所有権が自分にあることを明確に提示してあることを確認しておきましょう。また、それをうやむやにしているような業者は、はじめから信用しないことをお勧めいたします。著書自身で販売していく事は、直接読者の顔を見れるということでもあり、直接感想も聞けるでしょう。今後の発展を考える上でも、地道な努力は避けて通れないのではないでしょうか。一般の方であれば、せめて200冊ほどは自身の手で販売するルートや方法、また応援してくれる人脈作りのための努力は欠かさないことが重要と言えるのでないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です