Uncategorized

インターネットでは伝わらないもの

インターネットの普及により、情報発信が身近になったのであれば、わざわざ莫大な費用をかけて「本」として出版する必要はないのではないかと考えてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。パソコンや携帯でも、確かに文字は読めるでしょう。しかし、本という媒体は、紙であり、文字数や文字フォントなどさまざまなこだわりが集約されているものであると言えるのではないでしょうか。そういった媒体で表現することによって、より感覚でも文章を感じられるのが本の良さでもあると言えるでしょう。紙選び一つにしても、どの質感?どの厚さ?といったような試行錯誤がなされているという背景は、パソコンや携帯の画面からはとても感じられない想いなのではないでしょうか。それは、商業出版でも自費出版でも同様のことが言えるでしょう。むしろ自費出版だからこそ、インターネットとは違い、不特定多数に好まれる本ではなく、その想いをピンポイントに伝えていきたいという事から、本という媒体を選択する著者が増えているのかもしれません。より感動を伝えられる感覚を求めて、目の前に存在する物として本が作られていくのかもしれません。インターネットは読者と著者の可能性を広げる大きな働きをしてくれましたが、本のように五感で読むという可能性はありません。これだけのインターネット社会にしても、未だ紙を媒体とした本が出版され続け、自費出版も増えているという事実は、やはり本という媒体が、インターネットには伝えられないものを伝えているという証拠なのではないでしょうか。インターネットから自身のブログが具現化し「本」として世界に発信されるという事は、著者自身、何にも換えることのできない感動と言えるのではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です