Uncategorized

文章が上手くなるには

文章は書いてみると、人によって上手下手があります。

もちろんセンスがあるに越したことはありませんが、残念ですが全ての人が持ち合わせているものではないのが現実なのです。

でも、文章を上手く書けるようになる方法はあります。実は文章は訓練をすることで上手くなるのです。

訓練といっても特別なことをするわけではありません。たくさん文章を書いてみることなのです。

例えば、毎日日記をつけながら、その時の心の動きや思ったことを書いてみましょう。それを毎日続けてみると、文章を書くことに慣れてきます。書くことを繰り返して文章は上達をしていくのです。

個人的に上手いと思う人の作品を数多く読んでみるとか、ものの表現の仕方が素敵だと目を引いた文を何度も書いてみるのも良いでしょう。

言葉をそのまま使うわけにはいきませんが、物の視点の在り方や表現の仕方のコツが少しずつ分かってくるようになります。

といっても本を執筆するのにも時間がかかるのに、文章の訓練をする時間を作ることは現実的に難しいことです。

ですから、本の原稿にぶっつけ本番という人が多いはずです。

そのような人でも、「上手い文章」というよりも読みやすい文章を書くことです。本の内容がしっかりしていて文章が読みやすければ読者にとって満足できる作品となります。

では、読みやすい文章とは…。それはある一定の人ではなく、読んでいる誰もが理解できる言葉を用いて簡単な文章を書くことです。

わざわざ難しい言葉や、おしゃれな言い回しはかえって読者が混乱してしまいます。また、抽象的な表現の分も、なるべく使わないほうが良いでしょう。

自分だけの理解は肝心な読者を置き去りにしてしまうこともあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です