自費出版 トラブル回避

まず自費出版というのは自分でお金をかけて少数の人に自分の本を読んでもらいたい人に向けた出版方法であることを忘れてはいけません。自分が本を出版する目的を再確認しギャップをなくすことがトラブル回避の1つのポイントです。自費出版の業者選びは慎重に行いましょう。デザイン企画・校正・印刷・製本など、その業者が何をやってくれるのかを確認し、自分が依頼したいものとマッチしている業者を見つけてください。さらに価格がそれに見合ったものなのかどうかも重要なポイントです。直接担当者とあって依頼するパターンやネットから申し込むパターンもあると思いますが、どちらにせよ自分の要望や疑問点はちゃんと伝えましょう。そして契約書はしっかり読みましょう。出版社からあなたの本売れますよなどと勧誘され、その話を簡単に信じてしまい出版社に多額のお金を払ったものの、本は売れずに印税がもらえない、といったようなトラブルがよく起こっています。そのほかにも、校正が不十分、乱丁落丁があるなどの印刷に関するトラブル、費用に関するトラブルも予想されます。このようなトラブルに巻き込まれないためにも自分で業者を見極めなければなりません。